創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>私の信行学

私の信行学

〈小説「新・人間革命」〉 誓願 九十三 2018年7月16日(聖教新聞より抜粋)

2018-07-16.pngのサムネイル画像

山本伸一は、皆の幸せを願いつつ訴えた。
 「戸田先生は、『法華を識る者は世法を得可きか』(御書二五四ページ)との御文について、努力もせずに、『ご利益があるんだというような読み方は、断じて間違いである』と断言され、こう続けられている。
 『自分の商売の欠点とか、改善とかに気のつかぬ者は、大いに反省すべきであろう。されば、自分の商売に対して、絶えざる研究と、努力とが必要である。吾人の願いとしては、会員諸君は、一日も早く、自分の事業のなかに、“世法を識る”ことができて、安定した生活をしていただきたいということである』(注)
 戸田先生の願いは、そのまま私の願いでもあります。今、世界的に不況の風は厳しい。しかし、私たちは、それを嘆くだけであってはならない。『信心』によって、偉大な智慧と生命力を発揮して、見事に苦境を乗り切ってこそ、『世法を識る者』といえます。
 “信心をしていればなんとかなる”という安易な考え方は誤りです。信心しているからこそ、当面する課題をどう解決していこうかと、真剣に祈り、努力する――その『真剣』『挑戦』の一念から最高の智慧が生まれる。一切の勝利のカギは、この『信心即智慧』の偉大な力を発揮できるかどうかにある」
  
 戸田城聖の生誕記念日である二月十一日――伸一が、戸田の広宣流布への歩みを綴った小説『人間革命』全十二巻の、「聖教新聞」紙上での連載が完結した。
 一九六四年(昭和三十九年)十二月二日に沖縄の地で起稿し、翌六五年(同四十年)の元日付から「聖教新聞」に連載を開始。途中、海外訪問が続いたり、体調を崩したりしたことなどから、長い休載期間もあったが、前年の九二年(平成四年)十一月二十四日に脱稿し、この二月十一日付で、千五百九回にわたる連載を終えたのである。文末に伸一は、「わが恩師 戸田城聖先生に捧ぐ」と記した。
 この書は、弟子・山本伸一の、広布誓願であり、師への報恩の書でもあった。

 小説『新・人間革命』の引用文献 注 「天晴れぬれば地明かなり法華を識る者は世法を得可きか」(『戸田城聖全集1』所収)聖教新聞社

<今日の決意>自分自身の生命状態が常に南無妙法蓮華経の大宇宙のリズムと合致しようとしているのか?人は調子の良い時はだれでもうまく行くが、いったんリズムを崩れてしまうと自分の生命の軸がブレてあらゆる変化のブレまくる生命状態になってしまうものだ。だから苦楽共に思い合せて「南無妙法蓮華経」なのだ!

池田大作先生 四季の励まし〉 「勇気ある信心」を今こそ2018年7月8日(聖教新聞より)

2018-07-08.png

大いなる理想に向かって進む
 「向上の人生」――
 その人には、
 いつも希望がある。
 充実がある。感動がある。
 内面からあふれ出る
 生命の輝きがあり、
 何ともいえない魅力がある。
 
 人間は、孤独に陥り、
 自分ばかりが大変なのだと思うと、
 悲観的になり、
 心も弱くなってしまうものだ。
 しかし、自分より、
 もっと大変ななかで
 頑張っている人もいる。
 それを知れば、勇気が湧く。
 そして、
 悶々と悩む自分を見下ろしながら、
 むしろ、試練と戦う友を
 励ませる自分に成長できる。
 苦難の時こそ、
 勇気ある信心を奮い起こし、
 生命の苦悩の流転を断ち切り、
 境涯を開いていくチャンスなのだ。
 
 大きな目的のために
 「行動」すれば、
 それだけ自分の「夢」が広がる。
 大きな「歴史」が輝く。
 私たちも
 広宣流布の「大願」に生きぬく時、
 自分の「小我」は
 「大我」となっていく。
 法のため、人のために
 「行動」した分だけ
 「大きな自分」となる。
 それは即「大きな幸福」である。
 
 我らの挑む広宣流布の戦いは、
 この地球上に共に生きる
 全ての人々を
 幸福にしていこうという、
 大いなる夢への挑戦である。
 なれば、
 大空を見上げながら、
 心広々と朗らかに、
 粘り強く進むのだ。

今日は創価学会師弟の記念日7・3です!

2018-07-03-(1).jpg

今日は創価学会師弟の記念日7・3です!
茨城県古河市の古河友好ゾーンの南三和支部では男子部と壮年部で毎月「先駆の日」と命名し体験発表を中心に、池田先生の大白蓮華の御書講義を学んでいます。
いよいよ9月2日は120回となります。亡くなった方も多くなりましたが、支部独自でここまでこれたのも池田先生を求める黄金柱と広布後継の男達がいたからです。支部の伝統としてこれからも150回、200回として子から孫へと未来に先駆の日の歴史をしっかりと残していきたいです。

桜梅桃李.com店長:島幸弘の履歴

本日私が創価学会員かどうか?お尋ねの電話が入りましたので、簡単な履歴を掲載させていただきます。

代表あいさつ

私は6歳の時に東京で父と一緒に創価学会に入会いたしました。
小さなころから親と一緒に会合に参加していましたので、いつもたくさん人の集まる会合がとても大好きでした。学会員のお宅には、どこのおたくでも家の中心に仏壇がありました。どこのお宅に行っても、まずは仏壇のご本尊にお題目を三唱します。子供のうちからどれだけ多くの仏壇を見てきたことでしょう?また、どれだけ多くの方々が、この信心で素晴らしい功徳を受け苦難多き人生を乗り越えてきたことでしょうか?創価学会草創期の地区部長さんが功徳を頂き、新しい仏壇を買う事になった、今まで使っていた仏壇を入信間もない方にさし上がました。その方もいつの日か宿命転換し自分も大きな立派な仏壇を必ず買うんだと決意していた座談会に参加していたことがあります。自分で仏壇を購入できる境涯になりたい!そんな方々がたくさんいらっしゃいました。

創価学会仏壇はその人の人生の大きなターニングポイントであり、金字塔でもあるのです。未来部、男子部、そして壮年部と歩んできた私の広布の人生において、創価学会仏壇の販売を使命と責任を持って生涯の仕事としているからこそ、こだわりを持って仏壇を求める方の人生を勝利に導くための仏壇を販売し、新たな次なる人生のスタート点としていけること、そして未来の勝利の人生を一緒に確信し合って行けるその時を私は一番うれしくこの仕事に励んでいます。

あなたはどんな半生を送ってきましたか?
私は下記のような半生を送ってまいりました

  • 東京江戸川区小岩で生まれ、6歳の時に親と一緒に創価学会に入会。江戸川区鹿骨でワンパクで楽しい小学時代を過ごした
  • 中学2年の時に茨城県牛久市に引っ越し、中学では約1年半にわたりイジメを経験した
  • 親元での未来部→高校2年茨城県水戸で池田先生と記念撮影会に出席
  • 高校3年時信心の反抗期始まる→大学進学叶わず
  • 昭和50年高校卒業で親から独立し東京で就職、自動車、大型自動二輪、危険物乙4類取扱主任免許習得
  • 昭和52年後親からの希望があり調理の道に転職
  • 昭和55年横浜で調理師免許習得
  • 様々な悩みにぶつかり、自分の意志で男子部の活動へ参加する
  • 昭和56年10月妻を折伏→入会
  • 昭和57年4月結婚神奈川で新居を構える
  • 昭和57年6月父から創価学会仏壇の販売を一緒にしてもらいたいとの申し出があり、
    8月後半より単身茨城の実家に戻り会社の設立準備に入る
  • 昭和57年9月父と茨城県牛久市で有限会社栄幸物産設立
  • 昭和58年親と同居、長女誕生
  • 昭和58年4月父が公明党牛久市会議員立候補(3期12年地域の皆様にお世話になりました)
  • 昭和60年次女の誕生により6畳間が手狭になり借家に引っ越す(男子部部長時代)
  • 昭和63年現在の古河市に引っ越し戸建て購入、三女生まれる→平成3年バブル崩壊と同時に独立
  • 1992年5月有限会社ルネサンス設立苦難のスタートを切る!(男子部副本部長時代)
  • 1996年、平成8年事業拡大多店舗展開始める:茨城県内4店舗、栃木県1店舗
  • 営業拡大するも経営危機に陥り→急きょ事業縮小、最悪の経済状況の時代が続く
  • 2001年~2008年悲願の子供3人全員創価の学び舎に進学・卒業を勝ち取る(壮年部地区部長・支部長時代)
  • 2008年インターネットでの仏壇販売サイト構築・運営のため猛勉強でスタートダッシュ!
  • 2009年茨城県経営革新企業として県知事より承認を受ける(壮年部副本部長時代)
  • 本格ウエブサイト全国通信販売事業に乗りだす。桜梅桃李.com構築開始
  • 本店(実店舗)1店舗、関連ウエブサイト3店運営、自宅をスタジオ兼事務所、倉庫設立:仏壇処分.com:ヤフーショピング出店
  • 2013年、平成25年11月18日 現在に至っております。:創価仏壇買取り.com
  • 2015年、創価学会中古仏壇専門展示場開設、ルネサンス夢工房設立:Amazonに出店
  • 2017年、娘夫婦ともに家族4人で使命と責任をもって一家和楽でスタートしてます

創価学会仏壇全国インターネット販売サイトの名称を桜梅桃李.comとしたのか動画でお伝えします


「創価ルネサンスの年」からその意義も込めてわが社の社名とさせていただきました。

2018-06-28-(1).jpg

この年、弊社、有限会社ルネサンスが誕生!
「創価ルネサンス元年」から社名とさせていただきました。

〈小説「新・人間革命」〉 誓願 七十九 

(2018年6月28日聖教新聞より転載)

「創価ルネサンス」の鐘は、高らかに鳴り響いた。一九九二年(平成四年)の元日、山本伸一は、学会別館で各部の代表と勤行・唱題したあと、皆を激励し、一年の戦いを開始した。
 五日の新春幹部会では、「あの人にも温かく、この人にも温かい言葉を。これが指導の第一歩である」と訴え、新出発を呼びかけた。
 この年、宗門を離脱する僧が相次いだ。日顕をはじめ宗門の在り方は、日蓮大聖人の仏法に違背するものであると、「諫暁の書」を送った僧たちもいた。
 宗門は、この年の八月、今度は、伸一を信徒除名処分にした。なんとかして、創価の師弟を分断しようとしたのであろう。しかし、もはや学会員は歯牙にもかけなかった。
 学会から離れた宗門は、信徒数が大幅に激減し、没落していくのである。
 宗門は、学会を破門したあと、学会員への御本尊下付も停止していた。そうしたなか、宗門を離脱した、栃木・淨圓寺の成田宣道住職から、同寺所蔵の日寛上人書写の御本尊を御形木御本尊として学会員に授与していただきたいとの申し出があった。
 九三年(同五年)九月、学会は、この申し出を、日蓮大聖人の御遺命のままに、広宣流布を進める唯一の仏意仏勅の団体として、「信心の血脈」を受け継ぐ和合僧団の資格において受け、今後、全世界の会員に授与していくことを、総務会・参議会・教学部最高会議・県長会議および責任役員会で決議した。
 一方、宗門は、九五年(同七年)、「耐震」を口実に大客殿の解体を発表、着手した。さらに、九八年(同十年)六月には、八百万信徒の真心の結晶ともいうべき正本堂の、破壊を強行したのだ。伸一が発願主となって建立寄進した、先師・日達法主の事績の建物を、日顕は、次々と破壊していったのである。
  
 伸一は、九二年(同四年)「創価ルネサンスの年」の一月末、アジア訪問へと旅立った。“東西冷戦が終結した今こそ、世界に平和の橋を!”と思うと、一瞬の猶予もなかった。

平成2年私が男子部で役員で任務、先生からあいさつされ激励されました

先生と茨城文化.jpg

●凱歌の人生輝けり (平成30年6月18日聖教新聞より抜粋)

 「茨城の各地域で、広宣流布の勝利像、モデル像がつくられていくならば、それはそのまま、二十一世紀の勝利への道しるべを打ち立てることになる」
 小説『新・人間革命』第29巻「常楽」の章で、池田先生は茨城への期待を、こうつづっている。その誇りも高く、茨城の同志は広布に駆けてきた。
 10回にわたる師の茨城訪問の中で、「県の日」の淵源となったのが1973年(昭和48年)6月17日、水戸市内で行われた「茨城県スポーツ祭」である。
 先生は6000人の友と記念撮影。その合間に万感の励ましを送った。
 「私は一個の平凡な人間です。しかし、皆さん方を邪悪な批判から守り抜くことだけは、誰にも絶対に負けません。どうか安心してまっしぐらに一生成仏への大道を突き進んでいただきたい」
 さらに、先生は①求道②団結③行動④人材育成との永遠の指針を示した。この四つの指針を胸に、友は凱歌の歴史をつづってきたのである。
 ◇ 
 76年(同51年)8月15日、茨城郷土文化祭が盛大に行われた。終了後、先生は茨城広布の功労者である浦井央記さん(故人)の自宅を訪れた。
 この時、長男の俊宏さん(水戸新世紀圏、副本部長)と、長女の長塚央子さん(取手友舞圏、婦人部副本部長)、次女の萩原真理子さん(東京・板橋総区、総区婦人部副総合長)、俊宏さんの妻の美子さん(水戸新世紀圏、支部副婦人部長)らも、共に師を迎えた。
 先生は浦井さん一家と懇談し、央記さんに「毎日少しでもいいから、御書を勉強していってください」と。その後、皆で勤行を。「先生の題目は、大将軍が先頭に立って、“戦うぞ”と師子吼するような音声でした」(俊宏さん)
 さらに帰り際、先生は俊宏さんの長女・妙さんに、「See you again!(またお会いしましょう!)」と英語であいさつを。浦井さん一家にとって、かけがえのない宝の出会いとなった。
 この原点を胸に、浦井さん一家は広布に走った。俊宏さんは、交通事故や2度のがんなど、数々の試練を信心で乗り越えてきた。美子さんは夫を支え、近隣に友情を広げる。
 毎年、師との出会いを結んだ「8・15」には家族で集まり、報恩の誓いを新たにしてきた。
 長女の妙さんはアメリカの大学を卒業し、ロサンゼルスで教員をしながら、地区婦人部長として活躍する。長男の大さんは、男子地区リーダーとして奮闘。後継の道を歩んでいる。
 ◇ 
 「苦しみ抜いた茨城の友が待っているんだ。何があっても、私は行くよ」
 82年(同57年)2月、先生は茨城へ向かった。第1次宗門事件の嵐を勝ち越えた同志のもとへ――今も語り継がれる“厳寒の茨城指導”である。
 9日、先生は小島俊一さん(水戸本陣圏、副圏長)らが経営する食堂「食事処 小島」を訪れた。
 その食堂は、戦後まもない頃、祖母のたねさん(故人)が始めた。純粋に信心に励んできたたねさんの夢は、“いつか先生に来店していただきたい”。その「時」のために、座布団まで用意していた。
 先生は真心に感謝してその座布団に座り、地域広布を支えてきた小島さん一家の貢献を心からたたえた。また、食堂の二階で弟の茂雄さん(同、副支部長)が営む喫茶店にも立ち寄り、励ましを送った。
 俊一さんはこの日の出会いを心に刻み、白雲会(飲食業に携わる壮年・男子部の人材グループ)の一員として、“仕事の実証と広布拡大で師に応えよう”と誓った。
 脊柱管狭窄症や家族性大腸腺腫症など、苦難に直面したこともあったが、誓いを思い起こし、病魔を勝ち越えてきた。
 妻の明子さん(同、支部副婦人部長)らと切り盛りする店は、創業70年を超えた。“さらに地域から愛される店に”と夫婦で誓う。
 ◇ 
 10回目の茨城指導となった90年(平成2年)6月19日、先生は落成間もない茨城文化会館を訪問。翌20日、本部幹部会に出席した。
 この日、茨城未来部の各種人材グループの友と先生との記念撮影も行われた。先生は、未来っ子一人一人に温かなまなざしを向け、「いい顔してるね。みんな、立派になってね」と優しく語った。
 当時、高校2年生だった宮部治子さん(水戸本陣圏、白ゆり長)は師と写真に納まった一人。
 この時、幼い頃からの夢だった医師になる決意を一層強く固めた。勉学に挑み、唱題にも挑戦。大学の医学部を卒業し、耳鼻咽喉科の医師となった。
 京都、長野などでの勤務を経て現在、3児の母として家事や子育てをしながら、水戸市内の病院で働く宮部さん。地域の健康セミナーで講師を担当することも多い。
 「患者さんの声に耳を傾け、安心を与えていける“妙法の医師”を目指し、誠実第一の医療に徹していきます」
 ◇ 〽おお寒風に 梅の香を
 君も友どち 耐え勝ちぬ
 いざや歌わん 茨城の
 凱歌の人生 創らんや
 凱歌の人生 輝けり
  
 茨城県歌「凱歌の人生」が発表されたのは、78年(昭和53年)10月21日。今年は40周年の佳節である。
 関東総会と6・17「県の日」45周年を広布拡大で勝ち飾り、師弟の月・7月、そして県歌発表40周年の10月へ、水戸と茨城の友は、勝利また勝利のリズムで前進する。
 師弟の道を真っすぐに進む「直通」の誇りに燃えて。

私の2枚の宝物がこちらお写真です

35671400_1747260062035175_637963584470515712_n.jpg

私の2枚の宝物
45年前の6月17日池田先生ご来県の記念日が「茨城県の日」である
昭和48年のこの日、池田会長(当時)が出席しての「茨城県スポーツ祭」を水戸市・県立スポーツセンターで開催。
「30年後、君達自身の栄光を飾って頂きたい」との励ましに、茨城の友は雄々しく立ち上がりました。
この時私は高等部、先生の左上の上から3段目にいました。「池田先生とのお写真」人生の宝物です。

平成2年6月、待望の新・茨城文化会館落成を記念して行われた茨城記念総会(第30回本部幹部会)。
“良き便り”のアヤメが祝福するなか、池田名誉会長は「皆様方は、あらゆる労苦を悠々と見下ろしながら、
堂々たる“遊楽の人生”を歩んでいただきたい」とスピーチ。
この時、私は役員としてテント下の位置にいました。28年前、33歳の男子部でした。

6月17日午前中に南三和支部の第118回先駆の日開催しました。

P6171060.jpg


今回は大白蓮華6月号、池田先生の「世界を照らす太陽の仏法・第38回仏法は人生の羅針盤・歓喜と誇り溢れるわが姿を見よ!」
を壮年・男子部と一緒に学びました。午後からは仏法入門(任用試験)試験がありましたのでダブルヘッターになりました。
①何のための人生か?何のために生まれてきたのか?人生の根本問題であり、自分自身の存在意義ですのでとても重要です。
自分自身が自分の命と向き合うことがまず大切です。その根本姿勢が私たち創価学会では自分自身がご本尊に向かうという
所作に表れます。今回拝読する御書は「四条金吾殿ご返事」一切衆生・南無妙法蓮華経と唱うるより外の遊楽なきなり経に
云く「衆生所遊楽」云云、
生きている事自体が楽しいとの絶対的幸福涯は様々な自分自身の悩みも楽しみに変えていける南無妙法蓮華経であり
毎日体験できる功徳善根である。日々の生活の例を通して男子部にもわかりやすく話しました。
また「上野殿後家尼御返事」ではそれ浄土と云うも地獄と云うも外に候はず・ただ我等の胸の間にあり、これをさとるを
仏といふ・これにまよふを凡夫という・・、私たちの日々の生活の中で人間関係がうまくいかなかったり、どうして自分だけが
と思うことも多くあります。仏法のとらえ方は世間のとらえ方とは違います。すべて必要があってそのようなことが起こって
いて、そのとらえ方ひとつで良くも悪くもなります。
自分自身が毎日そのチャンスを生かし人間革命し、気が付いたら大きな心の持ち主になり人の苦も理解し共々に明るく生きよう
という自分自身が人のためにもなっていく生き方ができるのです。
自分自身の存在意義が存在価値として自分自身が命から感じていける
日蓮大聖人の信心は心こそ大切であり、人の振る舞いにて候いけるぞ!です。
この信心は自分の人生の羅針盤です。自分自身の尊い人生を自分らしく、共々に生きていきましょう!

先日モバイルSTBをお借りして実家の父に見せに行きました。

0616MSTB.jpg

みなさんこんにちは~!桜梅桃李.comの島です。6月にはいり、いよいよ梅雨っぽくなってきました、いかがお過ごしでしょうか?先日モバイルSTBをお借りして実家の父に見せに行きました。久しぶりの池田先生のご指導に胸を熱くしておりました。地元の創価学会員の高齢者宅には会合になかなか参加できにくい状況の方も多くなってきていると思います。命のエネルギーの元信心の話、体験談、激励に家庭訪問を一軒1軒していきたいものですね!。

 

4年前に地元の古河文化会館で「第100回南三和支部先駆の日」を盛大に行いました。

PB020292.JPGのサムネイル画像

4年前に地元の古河文化会館で「第100回南三和支部先駆の日」を盛大に行いました。壮年男子部で毎月一回行っていましたが100回記念という事で会館をお借りました。壮年部・男子部の体験談、私の御書講義、担当幹部には当時の関東青年部長に来ていただき、有意義なひと時を参加者全員ときk共有できました。

あれから4年たち8月に120回の南三和支部先駆の日を開催予定でいます。壮年部はこの4年で3人の方が亡くなり、病気の方も出ています。男子は数名増えましたが総勢は少なくなっています。少子高齢化の波にどっぷりつかっていますが、だからこそ創価学会の信心がいや増して光り輝く時代になっています。

私たち創価学会員は、宿命を使命に転換できる日蓮大聖人の「南無妙法蓮華経」で所願満足の素晴らしい人生を共々に歩んでいきましょう!

 

トップに戻る