創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>情熱店長ブログ

情熱店長ブログ

公明党参議院選挙比例区2019年:1議席増しの大勝利誠におめでとうございました!:情熱店長

2019-07-22 (2).png

2019年7月21日投票の参議院選挙で公明党が1議席増しの大勝利となりました。大変におめでとうございました。
6議席死守からの1議席増しの戦い見事。賢明な全国の創価同志の支援の賜物でした。

人口減少・低投票率であった今回の選挙では完全勝利と評価されるべき。公明比例得票数は653万6267票であった。

令和の時代に入り益々成熟している日本、私たち創価学会員が世界平和を願い日々信心を根本に日常生活を送っています。
公明党は庶民の味方、公明党は日本の安心安全のために与党に参画して20年の実績は見事であると評価したい。

その上で今後の発展について今まで以上に国民にアピールしていく事を希望します。

 

創価仏壇情熱店長:池田大作先生 四季の励まし〉 挑み続ける人が「青年」に感動!

2019-07-07 (2).png

師弟の月・7月!
 青年の月・7月!
 それは、青年部が
 “創価三代”の精神を継ぎ、
 人類の宿命転換の戦いに
 挑みゆく月である。
 民衆の勝利の大旗を、
 威風も堂々と
 打ち立てゆく月なのだ。

 歴史を創るのは人間だ。
 その主役は君自身、あなた自身だ。
 人を頼むな。
 君が、あなたが、
 痛快な創造のドラマを演ずるのだ。
 猛然と立ち上がれ!
 自身の殻を打ち破れ!
 新しき時代は、
 新しき挑戦によって開かれる。

 「戦いを起こす」――
 この一点に、
 日蓮仏法の精髄が脈動している。
 戦いがあるから、
 人は自己の建設と、
 境涯を開くことができる。
 戦いがなければ、
 よどんだ水が腐るように、
 自分で自分の成長を止めてしまう。
 ゆえに、どこまでも、月々日々、
 汝自身の戦いを起こし続けよ!

 はつらつと戦えば、
 いつも若々しい。
 生命が鍛えられ、強くなる。
 そして、強い人は、
 いっさいを善知識とし、
 勝利と成長の糧にしていける。
 わが人生を深く味わい、
 感謝していける。

 大いなる目標に向かう途上には、
 必ず大いなる壁が立ちはだかる。
 たとえ失敗したとしても、
 嘆かず、恐れず、また挑めばよい。
 昨日より今日、
 今日から明日へと、
 たゆみなく前へ前へ
 朗らかに進み続ける――
 その人こそが青年なのだ。

八王子市の東京牧口記念会館と、青々と茂る木々。今月3日、師弟の縁深き「7・3」に池田大作先生がカメラに収めた。
 7月は「青年の月」である。第2代会長・戸田城聖先生のもと、1951年(昭和26年)7月11日に男子部、同月19日に女子部がそれぞれ結成された。池田先生を中心に青年部は、師弟共戦の誓いを燃やし、広布拡大の推進力となって恩師の願業だった75万世帯の弘教を達成した。
 かつて池田先生はつづった。「創価学会は、永遠に『青年創価学会』である。青年の躍動する創造的生命それ自体が、『創価』の象徴なのだ」と。
 さあ“青年の心”で、自身の広布史に燦然と輝く勝利の証しを打ち立てよう! (聖教新聞より転載)

****************************************************

創価勝利の年7月:断じて自分自身が人間革命するために大闘争してまいります!

 

公明党参議院平木だいさくの時局講演会に参加した感想

62308451_2258150270946149_7455308492727910400_o.jpg

きょうは地元で公明党参議院議員の平木だいさくの時局後援会があった。東京ドームの「公明フォーラム2019」に続きこれで候補者から国政選挙にかける思い、志し、実績、経験などを直接聞くことが出来た。

大事な国政を誰に任せるのか? いい加減な国会議員はやめて欲しい!そんな思いで臨んだ。 

国会議員の歳費はおおよそ(年間約1552万円)、期末手当(635万円)、文書通信交通滞在費(年間1200万円)、立法事務費(年間780万円)と、合計で約4167万円となります。
さらにさらに国会議員は、3人まで秘書を公費で雇用することができます。秘書の給与は「国会議員の秘書の給与等に関する法律」などで決まっており、勤務年数にもよりますが概ね600万円から1000万円程度。これが3人ですので、約2500万円が国から支給される形になっています。この計算で行くとおおむね国の税金から1人の国会議員に都合6,600万円が支給されることになっています。(歳費は国の法律で決まっている+秘書3人の経費含む)

また、私たちの平均年収は、国税庁によれば、民間企業の会社員(パート含む)が2015年にもらった給料の平均値は420万4000円。 2016年は421万6000円。2017年は432万2000円でした。

私たちの年収の約15倍にあたります。皆さんはこの差に対してどのように思われますでしょうか?

日本の国会議員の品位、能力、政治の実行力をしっかりと考えて選ぶ、私たちの権利が投票と言う形で議員を選ぶ立場であることを再認識する必要がると思います。

茨城県石下町の豊田城ホールで1100名満員でのスタート、元気な平木議員は昨年予算委員会に提出した「風疹対策費」が予算を頂けた内容を語った。まずは実績あり、国会議員でありながら質問に立つこともなく、居眠りしている姿さえテレビ放映されている情けなさ、投票に行きたくなくなる気持ちも充分にわかる。しかし私たちの権利をしっかりと行使して、自分の国を誰に任せるのか?真剣に考える必要がある!

平木はこれまでの6年間、そして公明党の55年間の歴史に触れ、教科書無償から高校授業無料、所得差によって教育が受けれない不公平を是正するための法律をたくさん作っている。実績を横とりする他党、何も質問せず、最後の予算の際の採決で手をあげて、私たちがやりました!というスタンス。どの党が、だれが調査、研究して国民のために動いたのか?そのために使った経費なのか?国民は監視しなくてはいけない。

なぜなら私たちは税金を払っているからだ、この税金で国を運営するために国会議員はいるからだ。働かないのに働く!とうそぶいている方々には、世の中それで済むようには甘くない!との現実を突きつける必要がある。

少子・高齢化が決定している我が国日本はどのようになって行くのかはすべて決まっている。どのようにその状態を安心、安全にしていくための政治であるはずだ。

通称ダボス会議と言う国際的な未来を予測してどのように世界が対応していくのかを会議するところだが、これからは不確定、不安定な時代に入っている。どうなるかさっぱりわからないという結論だそうである。

私たち自身が一番望んでいない事、それは不安な時代ではないのか?

世界の中でもEUでも代表的な国々の政権がぐらぐらしている。だからこそ日本の政治はどんな時にでも安定している事が重要である。そのためには国民からの小さな声を聴く力が重要だ。

いくつかのエピソードと共に民意を大切にする平木の真摯な姿勢がうかがわれ感動した。

今回私が「2019公明フォーラム」「公明党時局講演会」に参加して得た情報、また気が付いたこと、また考えさせられたことがたくさんあった。

まともな政治を代理で行ってもらっている議員たち、この議員たちが襟を正し自分の仕事に使命と責任をもってもらうためにも、私は今回の参議院選挙は公明党にダントツで大勝利して頂きたい。

そのための支援もしっかりと行っていきたいと決意しました。権利は行使してこそ力となる。私たちの一票の重さを改めて国政を目指すのは自分のためか?国民のためなのか?白黒つける時代が来たと思う。


 

 

 

〈池田大作先生 四季の励まし〉 永遠に輝く「幸福の城」を (聖教新聞より転載)

2019-06-09 (2).png
何事も
 漫然とした歩みでは前進はない。
 地域広布の実現のためには、
 まず、未来展望を広げ、
 必ず、こうすると決めることだ。
 それに向かって、
 年ごと、月ごとの具体的な
 挑戦目標を明らかにしていくのだ。
 その目標のもとに、
 皆が今日の課題に勇んで挑み、
 一日一日を
 勝利していくことである。
  
 御義口伝には、
 「妙法蓮華経」の五字を
 人間の体に即して説かれている。
 「経」とは「足」にあたる。
 いわば広布のために行動してこそ、
 真の妙法の実践となるのだ。
 学会活動は、動けば動くほど、
 身も軽くなる。
 心も晴れやかになる。
 功徳もある。仏になれる。
  
 常に祈りから出発するのだ。
 祈って戦った人は、
 聡明になる。福運がつく。
 人の見ていないところで、
 表面に出ないところで、
 100%頑張れる人が、
 偉大な人である。
 だれが見ていなくとも、
 戦った足跡は、
 わが生命に厳然と残る。
 御本尊が全てお見通しなのである。
  
 世界広布は、
 決して遠くにあるのではない。
 自分の足元にあるのだ。
 ゆえに今、ここで勝つことが勝利だ。
 わが青春に、
 悔いがあってはならない。
 わが人生に、
 敗北があっては断じてならない。
 この一生に、絶対の崩れざる
 「幸福の城」を築かねばならない。
 幸福は、
 戦い抜いた人の心にあるのだ。

 

 

 

創価仏壇情熱店長:朝のひと時から、ストレッチ、トレーニングとパワフルにスタート!

62328201_2315203045227363_8379738278353436672_n.jpgのサムネイル画像

おはようございます。朝は健康のため自宅でストレッチして、少々トレーニング。雨でなければ自宅周辺を散歩しています。新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んで、太陽が昇っていれば太陽に向かって一歩一歩進んでいきます。心の中も自然とすっきりとして、前向きな人生のスタートになって行きます。


今日も新しいドラマが待っています
楽しんで生きるも一生
苦しんで生きるも一生
同じ人生なら⁉️
あなたはどうする?

 

情熱店長:広布のために家庭訪問に友好拡大にやっぱり足が大事!

61796330_2311719492242385_5096860423425097728_o.jpg

2019年は5月1日から令和元年となり、6月6日は創価学会初代会長牧口先生の生誕記念日です。生老病死と生死は繰り返して行きますが、世間でも100年を生きる時代と意識されて参りました。自分自身が健康長寿でないと信心の実証も示せないのではないかと年頭に決意し、行動を起こして半年となりました。毎朝のストレッチ、雨でなければ散歩を心がけ大好きはお酒もほどほどにコントロールできるようにもなってきました。

創価学会の永遠の5指針

①一家和楽の信心

②幸福をつかむ信心

③難を乗り越える信心

④健康長寿の信心

⑤絶対幸福の信心

素晴らしい仏法に巡り合い男子部、壮年部と活動し62歳になりました。益々の健康と強情な信心を心がけ、地域広布に邁進してまいる所存です。

健康である事、笑顔で今日も生きられる事、そしてこの足で内外の友のもとへお伺いさせて頂く身の福運、すべてが功徳であり感謝しかありません。

様々な出来事はすべて自分自身の課題でもあります。すべてを悠々を乗り越えこの信心の実証を示し切っていける黄金柱になってまいります。

縁するすべての方々に感謝しています。いつもありがとうございます。

 

情熱店長:東京ドームに行く!「公明フォーラム2019」に参加してきました!

16942.jpg

東京ドームに昼夜で10万人の公明党支持者を集めて開催された「公明フォーラム2019」に参加してきました!最近は選挙と言っても内心では「私の一票」大したことないのでは?と政治不信が蔓延しているところがあるように実感しています。テレビニュースなどでは国会議員の不適切な言動や行動も多々ありとても残念であり、また国会議員だけでなく公職の方には改めね初志貫徹するための機会も持っていただくように希望しています。

国の運営、行政の運営すべて国民の税金で賄っているはずです。高額の給料は何のためあるのか?はなはだ疑問の残る議員がかなりいるように思います。選挙民自体もしっかりと考えた投票をし国政、行政自体を監視しながら国民が安心して生きられるようにするべきだと思っています。私は評論する事が好きなのではなく、今回「公明フォーラム2019」に参加し、各候補の政治にかける原点、信条、経験、実績をじかにこの耳で聞いてまいりました。なんと素晴らしい各候補の心意気、現在と未来の日本を世界を思う志の高さに感動し涙してきました。国会議員と言う仕事にこの方々はふさわしいと心の底から思いました。

情けなくくだらない発言、行動等々公職である自覚のなさは筆舌に尽くせません。即刻辞職するべきだと思います。そのような新たなルールは作れないものか?

衆議院、参議院の議員にふさわしい人を国民はしっかりと投票すべきであると思います。

 

情熱店長:第129回南三和支部「先駆の日」開催しました!

P6021264.JPGのサムネイル画像

今回は大白蓮華5月号の太陽の仏法の先生のご指導を基に
また、地区婦人部長をお招きして素晴らしい信仰体験も披露いただきました。

初めに5.3創価学会記念日ですので改めて創価学会会憲を確認し、創価学会と私たちの信心について確認させていただき、御書、中道主義について学びあいました。

 

 

 

 

2019年5.3創価学会の日を記念して 改めて創価学会の教義(教えの根本) 師匠、学会の目的を改めて確認したい。

創価学会 会憲  2017年11月18日から施行する。

第1章 総則

(名 称)
第1条 この会は、「創価学会」という。

(教 義)
第2条 この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、

根本の法である南無妙法蓮華経を具現された三大秘法を信じ、

御本尊に自行化他にわたる題目を唱え、

御書根本に、各人が人間革命を成就し、

日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現することを大願とする。

(三代会長)
第3条 初代会長牧口常三郎先生、第二代会長戸田城聖先生、第三代会長池田大作先生の

「三代会長」は、広宣流布実現への死身弘法の体現者であり、この会の広宣流布の永遠の師匠である。


2.「三代会長」の敬称は、「先生」とする。

(目 的)
第4条 この会は、日蓮大聖人の仏法の本義に基づき、弘教および儀式行事を行ない、

会員の信心の深化、確立をはかることにより、

各人が人間革命を成就するとともに、

日蓮大聖人の仏法を世界に広宣流布し、もってそれを基調とする世界平和の実現および人類文化の向上に貢献することを目的とする。

(構 成)
第5条 この会は、「三代会長」を広宣流布の永遠の師匠と仰ぎ、第2条の教義および前条の目的を同じくする世界各国・地域の団体(以下「構成団体」という。)および会員をもって構成する。

私たちが毎日勤行・唱題の後に 行う ご祈念の内容が 記載されている通りです。 地涌の菩薩の広布請願の一念を込めた勤行・唱題が私たち自身の絶対的幸福境涯の勝利の人生になって行きます。

 

129回南三和支部 先駆の日 大白蓮華5月号 文責 島 幸弘

5.3」記念 我ら地涌民衆の誉れの大城を 

1、「御義口伝」(おんぎくでん)私たちは地涌の菩薩です。誰人であれこの信心を広めていこうという人は地涌の菩薩である。

※地涌の菩薩は南無妙法蓮華経を所持している。本法を受持する事は「信」の一字である。所持していても受持(信・行・学)が無ければ、元本の無明を対治できない。

所持とは持っている事、受持とは特に仏の教えを銘記して忘れないこと。勤行・唱題をすると自身が地涌の菩薩として今世になぜ生まれてきたのかを素直に感じることが出来ます。

<例>本当は100万円持っているのに忘れている<所持>: 100万円を有効に使おう<受持> 

<例>願い・こうなったら良いな、こうなって欲しいな: 祈り・現実的にこうしていくと言う強き一念に込めて決してあきらめず行動する事です。

2、「寂日房御書」上行菩薩(地涌の菩薩のリーダー)苦悩に満ちた現実社会の中で信心根本に自分の使命に生きるのだよと大聖人となって教え導いてくれた。

「人を救い、世を救う事」が宗教の意義である。牧口先生は仏法は生活法である、自分の生活が良くなり、世の中も良くしていくのがこの信心であるとご指導された。

「中道主義」とは、すべての事柄には人間がかかわってくる。あらゆる考え方があるが、様々な主義主張を越えて、人間主義:釈尊以来の仏教の生命尊厳・万人尊敬という考え方

人種差別、宗教差別、思想の差別、どちらかを重んじたり、片方をきったりする考え方ではなく、すべてを重んじて行く万人尊敬の考え方が創価学会の中道主義である。

中道主義は根本が平和思想である、個人から一国、全世界まですべての人間を平等に人間としての権利を認め、すべてを話し合いにより解決していく人間を平等に尊重していく考え方なのである。

情熱店長:令和元年6月1日の抱負!

16530.jpg

令和元年5月1日、新しい時代を切り開くそんな自分自身の決意を込めて、この髪型、自称令和カットにしました。そして2か月目を令和カット2回目となり、先ほど6月1日を記念して自撮りしました。2019年創価勝利の年5月の記念座談会ではおかげさまで孫の入会と三女の結婚とダブルで荘厳することが出来ました。昨今信心の継承、社会的には事業の継承が大変難しくなってきています。自身の信心の姿を通して、子から孫へと創価後継者、世界広布の実践者を継承していきたい!改めてそう決意しました。

創価仏壇を自身の使命ある仕事として、38年目に入っています。その間創価学会ま文字通り世界192か国地域に広宣流布の実証を示し、公明党は政権与党20年で日本の政治のかじ取りに貢献、時代は末法の様相そのまま、出るがゆえに私たち創価学会員がさらなる使命を自覚し個々人が人間革命して行く素晴らしい人生を送っていく事が肝要だと確信しています。

勤行・唱題、広布請願の祈り、大聖人の御書を根本に、三代会長の指導を中心にしっかりと据えて、日々信心で勇猛精進して行く!創立90周年へ怒涛の大前進を決意するものであります。

 

情熱店長:最近多い間違い:ミニ仏壇に特装ご本尊様が入ると思っているお客様

2019-05-24 (2).pngのサムネイル画像

ご本尊様にはサイズの違いがあります。

最近になって、施設に入るので仏壇を小さくしたい・引っ越すので仏壇を小さくしたいなどのお話が多くなっています。

ご自身のご本尊様のサイズがわかっている方は少ないのも現実なのですが、さらに本人ではなく未入会の方などの代理でのご注文の場合は、特に注意が必要です。サイトからそのままカートでご注文頂きますと、当店でも確認できないまま商品を発送しておりますので、自宅についた時に「ご本尊様が入りません!」と言う事例も出てきておりますので、仏壇を小さくする場合は、必ずご本尊様のサイズと購入希望の仏壇のお厨子のサイズを確認してください。仏壇の大きさではありませんのでご注意くださいませ。

 

トップに戻る