創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>仏壇の修理

仏壇の修理

グーグルで「創価仏壇のLED交換方法」と検索してみました!

創価仏壇のLED交換方法

創価学仏壇専門店、桜梅桃李.comではお客様からの質問にユーチューブに動画をアップして皆様に公開しています。

2018年の創価学会のテーマが「世界広布新時代・栄光の年」と決まりました。
私共、桜梅桃李.comでは「栄光の年」創価学会仏壇販売店として「栄光の年は王道で行こう!」と決定しました。
「日本全国の創価学会員の皆様に安心・安全・安定・誠実に堅実に誠意をもって貢献して行こう!
お客様に創価学会仏壇に関する問題解決の手助けを誠実にして行こう!」と王道の道を歩んで行くことを決意しました。

当店で販売する仏壇のお客様が必要とする情報、また購入後のアフターフォロー、
何かあった時にお客様が困らないように、当店では様々に考え行動に移してまいります。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

※修理などでお困りのお客様に対して無料で問題解決できる方法などお伝えしています。
こちらは当店の善意で行っており、全国の創価学会員に皆様に⒮腰でも貢献して行きたいとの思から製作しています。
 

 

創価仏壇の蛍光灯からLED照明への取り換え方

お仏壇の蛍光灯からLED照明への取り換え方 桜梅桃李では全国の創価学会員の皆様に心を込めてお仏壇をお届けしています。 創価仏壇の事でお困りの事がありましたらお知らせください 私共で説明できる場合のお応えさせて頂いています。 〒306-0205 茨城県古河市関戸845-5 (創価学会古河文化会館となり) 車:圏央道:五霞インター下り新四号バイパスから約10分です 電車:宇都宮線古河駅 事前にご予約いただければ駅まで送り迎えいたします フリーダイヤル:0120-7676-43 メールアドレス:info@oubaitori.com/ 質問などは:http://www.oubaitori.com/contact/form... http://www.oubaitori.com/ あなたの勝利を応援する... http://souka-kaitori.com/ 日本初創価学会中古仏壇... http://www.butudansyobun.com/仏壇処分.com フェースブックで友達になってください https://www.facebook.com/yukihiro.shima

創価学会仏壇のLED照明機材 交換方法 (創価学会仏壇の専門店桜梅桃李.comより)

創価学会仏壇の専門店 桜梅桃李 .comの島です。今回は創価学会の会員の皆様の困ったにお応えすべくLED照明機材の設置方法を動画で撮影いたしました!

LED照明器具の販売ははこちらをクリックhttps://www.oubaitori.com/shop/products/detail.php?product_id=993

創価学会仏壇専門店:仏壇で困ってることがあればお気軽にご相談ください:http://www.oubaitori.com/contact/forms/index/1
店舗住所 〒306-0205 茨城県古河市関戸864-5 :0120-7676-43
(創価学会古河文化会館となり)
創価学会仏壇専門店桜梅桃李.com →https://www.oubaitori.com/
創価学会仏壇買取.com→http://souka-kaitori.com/
仏壇処分→http://www.butudansyobun.com/

フリーダイヤル0120-7676-43

創価仏壇の厨子板が経年劣化、お線香・ローソクのヤニなどでご本尊様の後ろの板が汚れている?交換できるの??

仏壇の厨子内金板交換.jpg

長年使用している仏壇、一番大切なのはご本尊様をご安置している場所である厨子です。ご本尊様を清潔で安心できる場所にご安置して日々勤行・唱題をしているのですが、何十年も使用しているとどうしても厨子板(最近は板に金色塗装をしています)が変色する場合があります。昔は板に金色の紙が貼ってあったりもしていました。お線香やローソク、また製造時の金紙をℋりつける糊の感想不足などで表面が変色する事もありました。

どうにもならないわけではありません!

 

 

創価仏壇の後ろ側の板を外したところ

仏壇の後ろの板を外すとだいたい写真のようになっています。(すでに厨子板も外しています)

①背中の板を外す

②厨子板を外す

③厨子の板の高さと幅を測る

サイズを教えて頂けますと、金色の塗装した厨子板をご用意できます。

また、金箔の板もご用意できます。

取り付けは自己責任になりますが、ゆっくり慎重にして頂ければ、大丈夫です。

背板がホッチキスみたいなもの(タッカーとも言いますが)でついている場合は、難しいです。

 

 

 

 

創価仏壇の厨子金板交換

このお写真のように、きれいな艶のある金板に交換できました。

桜梅桃李.comでは全国の創価学会員の皆様に、「創価仏壇に関する問題解決の手助けを善意で行っています」情報提供をおこなっており、出張修理は行ていません。

ご了承くださいませ。

 

 

創価仏壇の修理などでお困りのお客様に対して無料で問題解決できる方法などお伝えしています。

故障機械の画像.jpg

創価仏壇の故障や修理方法は

当店の善意で行っています、お客様は無料で必要な情報を得て頂けますが、
当方はそのために時間を使います。有料で有ってもおかしくないものをお届けしております。

何かを購入していただく事を目的としていません。
世の中にある無料見積もりと似ていますが、好意であり貢献の一環となります。

※一部ご自身がお客様であるから無料の見積もりを取ってあげているんだ、なぜもっと早く対応できないのか?強気だな!など どうしてこんな勘違いをされるのか 創価学員として??の方がいらっしゃいます。お客様の前の相談者であり、当方はお困りの事に対して親切に対応していると言う段階です。

そして、解決方法の中にご自身で解決する方法をお写真また動画を撮影して無料解決できる方法や機材を交換する方法をご提案したり、その上で必要ならお見積りを行い目的達成のために料金を払った段階からその意味において商売となりお客様となるわけです。その手前は一相談者であります。

この気持ちをご理解いただける方に無料サービスさせて頂いていますので、ご理解いただけない方にはこのサービスは適応致しません。以上の内容ですのでサービスを提供するかしないかは当店に決済権がありますのでご了承ください。
 

 

創価仏壇の桜梅桃李.comでは毎日多くの皆さまよりお問い合わせのメールやお電話を頂いております。

創価学会仏壇専門店、桜梅桃李.comの電話対応

創価仏壇の問い合わせ・仏壇買取り・仏壇の修理、仏壇の処分など様々になります。私共の仕事は「創価仏壇に関する問題解決の手助け」です。

お問い合わせはもちろんすべて無料で行っており全国の創価同志に少しでも貢献できればとの思いで行っています。

お客様のお困りごとに対して解決していくための方向や方法を35年以上の私の経験と実績の上から考えアドバイス、またその状況を解決するために私の時間を使い、メーカーや業者にお電話したり調べて頂いています。

お客様からの問い合わせにお応えするために、しばしばお時間がかかる事もあります。

例えば「30年前に自動開閉の仏壇を購入したが壊れてしまったのでその部品が欲しい」この問題を解決するためには、その個所のお写真、サイズなどの情報が必要です。

またこれらの情報を送っていただいても、それを探す事、またそれに準ずる部品又は機械の変更ができるのか?探さなければいけません。

創価仏壇の自動開閉機の歴史は非常に複雑であり、すべてを掌握することはできません、なぜなら電気関係の配線の違い、機械的な事、取り付ける仏壇自体の構造など千差万別と言っても過言ではありません。

修理関係は特に私の善意で無料で情報提供をしていますので、この点ご理解頂きたいと存じます。         

 

故障した創価中古仏壇の自動開閉機を新しい機械に替えました❗

創価学会仏壇専門店:桜梅桃李.comでは、現在ご使用のお仏壇の自動開閉機の故障など、 無料で調整や交換の方法をお困りの皆様に情報提供させて頂いております。
今回は当店販売の中古仏壇がお客様宅に到着時に故障されているとのご連絡を頂きましたので、 内容を詳細にお聞きし、仏壇本体を引取、当店にて新しい開閉機に交換しました。
出荷時には必ず動作確認していますので、輸送途中での振動が影響したのかもしれませんが、 仏壇設置後すぐということなので、今回はしっかりと保証修理させていただきました。

創価学会仏壇専門店の桜梅桃李.comでは全国の創価同志の皆様に安心して お仏壇を購入いただけますように一生懸命努力しています。
お客様からの創価学会仏壇に関しますお問い合わせをお受けしております。
またお客様から頂きましたご感想やアドバイスを元に, 商品ページなどをよりわかり安くするように努力しております。
ご協力ほど何卒よろしくお願い申し上げます。

創価学会仏壇を20年以上使用していますと自動開閉機が故障する事もあります!

創価学会仏壇の自動開閉機故障機械の画像.jpg

創価学会仏壇の自動開閉機は過去40年間で様々に変遷し、現在に至っています。20年以上で故障の傾向になる場合も多く、特に仏壇を購入したところが閉店されているととても困ってしまうのが現状です。私共桜梅桃李.comではそんなお客様の困ったの解決の糸口を一緒に考えサポートをさせて頂いております。

ご相談は無料ですのでお気軽にメール頂ければと思います。

この写真はお客様が使用していた仏壇の天井にある自動開閉機が壊れている内容です。このように故障個所を写真で送っていただけますと次の対応を考えアドバイスができる場合が多いのです。下の写真は新型の自動開閉機です。故障した古い自動開閉機の交換機としてお勧めできるものです。もともと使用されていた仏壇メーカーのものです。当店でもこのメーカーと取引しておりますのでこちらの新しい機械をお客様に送る事は可能です。(有料)同じメーカーということもあり、今回は電源のコネクターを差し替えるだけですぐに稼働しています。

創価学会仏壇専門店の桜梅桃李.comでは全国の創価同志の皆様に安心してお仏壇を購入いただけますように一生懸命努力しています。
お客様からの創価学会仏壇に関しますお問い合わせをお受けしております。
またお客様から頂きましたご感想やアドバイスを元に,商品ページなどをよりわかり安くするように努力しております。
ご協力ほど何卒よろしくお願い申し上げます。
 

 

 

中古仏壇の再生:桜梅桃李.comの本日の作業風景

創価学会中古仏壇はメンテナンスが必要な場合が多くあります。
仏壇のクリーニング、うちきずなどのペイント、そして自動開閉機の調整などあります。当店ではほぼ毎日のようにメンテナンス作業を行い少しでも良い状態の中古仏壇を再生しています。

創価学会専門店の桜梅桃李:www.oubaitori.com
創価学会仏壇買取専門店:http://souka-kaitori.com/
創価学会専門店の桜梅桃李では、全国の創価学会員の皆様に素晴らしい仏壇の情報を提供させて頂いています。仏壇に関するお悩みがございましたらいつでもお気軽にご相談くださいませ!
メール:http://www.oubaitori.com/contact/forms/index/1
お電話:0120-7676-43
お待ちしています!

お客様からお使いの仏壇のスイッチが破損した?とお電話とメール頂きました。解決方法ご提案します。

電源コネクターとスイッチの形状.jpg

お客様と私共とのコミュニケーション、お写真でわかりますね!このようにメール、ラインなどでお写真を送っていただけますと解決方法が見つかります。今回は創価学会家具調仏壇のスイッチが破損して自動開閉ができない状況との事。このスイッチだけを探して交換するとなりますとスイッチボックスの中の配線の理解があり、スイッチを取り外して、部品を交換してハンダつけできる技術が必要になります。通常はお仕事又は趣味がその域にある方なら、ご本人様がネットで検索して部品を購入できればそれで問題ないと思います。

どうすれば解決できるのかわからない普通の方からの質問ですので、スイッチから電源コード、仏壇配線に行くコネクターなどを一式、取り換える作戦が有効であると思い提案させていただきました。交換ができないと出張費も必要になりますので、そこまで費用をかけても良いのか?どうか?お客様の判断でお願いいたします。

今回の解決方法はやはり新品に交換が費用対効果つまりコスパが良いと判断できます。

創価学会仏壇でお困りの方、私共はその問題解決の手助けを仕事としています。お気軽にご相談くださいませ!

 

 

トップに戻る