創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>仏壇の修理

仏壇の修理

仏壇照明のノアブライトで困っている!すでに製造中止:LEDに交換できるのか?

20180409_133124.jpg

左下になるのがノアブライトです。すでに製造中止、また各販売店も在庫が無い状態ですので、ノアブライトが切れても交換できる時期は過ぎてしまいました。

とはいっても、仏壇が暗いままでは困ります!!

どうしたらよいのか?その解決方法は現在照明に主流になっています仏壇用のLEDに交換する事は可能です。

 

9902482395143-(1).jpg

仏壇の天井部分、またはお厨子内の天井、または両側面などノアブライトはその都度、蛍光灯よりサイズが細い事を理由に10数年前の仏壇製造時に利用されておりました。蛍光灯より切れやすく、交換頻度が多いのも事実でした。

このノアブライトをLEDに交換する事は、ドライバー(ねじ回し)を使える人でしたら可能ではないかと思います。

 

9908919578823-(2).jpg

仏壇の天板のネジを外すと自動開閉機と白いコードが見えます。

①この白いコードがどのようにつながっているのかをよく確認します。

②このコードの先に穴が開いていて

③そのコードが仏壇内に入っています。

④その先にノアブライトがありますので

⑤このコードを交換してLEDにつなげばよいのです。

 

※既存のコードを矢印のところを指で抜いてみよう!

オス・メスのソケットが外れたら、中を見てみよう!

 

9902482395143.jpg

①LED付属品のコードをその穴に差し込み、仏壇内のメスのソケットにつないでみよう(2本)

②天井の方にあるLEDとソケットをつないでみよう!

③点灯したらOK

④ちょうど良い一にLED付属品の金具を2か所取り付け

⑤LEDを装着して完了です。

 ノアブライトのサイズ、装着している仏壇、装着場所をメールやLINEで送って頂ければ、交換方法をお伝えします。

クリスタルキャンドルに不具合が見つかり、交換しました。

昨日八王子にお仏壇の納品にお伺いしました。仏具をセットして内容をご案内しているときにクリスタルキャンドルの不具合がありました。当然事前にチェックしておりましたが発覚されず、配送後お客様宅にて確認した次第です。当然持ち帰りメーカーに連絡、お客様には正常の商品を送らせていただきます。
不具合の内容:スイッチ点灯後、左側キャンドルはすぐに点灯せず、ワンクッション置いて点灯、それからしばらくして右側点灯、その後右側が消灯、動かすと点灯しました。クリスタルキャンドルした面のネジを外して中身の確認をすると熱による臭いと焦げたような跡が見受けられました。このような状態は製品としてふさわしくありません。また危険でもありますのでご参考にして頂ければとお思います。

15533.jpg

15534.jpg


創価仏壇専門店の桜梅桃李.comにはhttps://www.oubaitori.com/
仏壇の修理:https://www.oubaitori.com/contents/menu/repair/
仏壇お買い換え:https://www.oubaitori.com/contents/menu/trade
創価学会専門店の桜梅桃李では、全国の創価学会員の皆様に素晴らしい仏壇の情報を提供させて頂いています。仏壇に関するお悩みがございましたらいつでもお気軽にご相談くださいませ!

メール:http://www.oubaitori.com/contact/
お電話:0120-7676-43
お待ちしています!

「創価仏壇の自動開閉機の調整」はグーグルでそのまま検索できます!

2019-05-02 (2).png

お客様より「仏壇の自動開閉が故障」した、どうすればよいのか?」とメール頂きました。

グーグルなどの検索第一位で登場いたします。

動画での説明もたくさん掲載していますのでかなり役に立ちます。

「創価仏壇の自動開閉の調整方法」など思いつく

キーワードで検索してみてください。私がたくさんの動画をアップしている事がわかります。

ご自身で直せる可能性が広がっています。

プラスのドライバーがあれば治せますよ!

 


 

 

創価仏壇の自動開閉の修理承っています。

2019-04-11 (2).png
桜梅桃李.comの島です!
今日はお客様から「仏壇が壊れた!」とお問い合わせがりましたので、まずはどのような機械が搭載されているのか?
当店に必要な情報をメールで写真を送っていただき、機械のメーカーを藩閥する手順をお伝えいたします。
 
 
以下メールのお写真を添付してください
 
①スイッチボックス
②仏壇接続のプラグの形状・ピンの数などわかる画像
③仏壇の中の搭載されています。
 
自動開閉機の画像と横幅cmです 病院と一緒だと思ってください
 
1、初めにどんな症状から壊れたのか?
 
2、いつ頃そうなったか?
 
3、そもそもいつ頃、どこの、なんというお店で購入されたのか?
 
それに画像①②③があれば、対応・対処方法をお伝えできます 対応方法
 
①調整でできればチェックポイントをお知らせいたします ②修理できるようでしたら、機械部分を取り外して送っていただきます
③出張修理できるエリアの場合、業者をご紹介しましたします
④仏壇を回収するためにヤマト家財便に集荷して当店に送っていただき  修理してお届けいたします
 
⑤高度な場合はメーカーに送り修理いたします
 
私の仕事は、「創価仏壇に関する問題解決の手助け」です 全国の創価学会の皆様の仏壇に関する疑問・質問を解決する仕事です 販売から引取、買取り、処分、修理と何でもご相談くださいませ 一番お客様にとってメリットある解決方法を一緒に考えていきます

製造中止のノアブライトをLEDに交換できますか? ハイ、交換できます!

名称未設定-1.jpg

初めて連絡させて頂きます。
仏壇のライトの件なのですが、今まではノアブライト6Wの蛍光灯だったのですが先日切れてしまい、探したのですが現在は製造されてなく全てLEDになってるみたいなんですね。
大田区蒲田にある学会仏壇専門店で購入したのですが、その仏壇店が閉店されてまして、ネットでさがしてたらこちらのホームページを拝見しました。 LEDに交換したいのですが、自分でも簡単に出来ますでしょうか?
あとノアブライト6WからのLEDを欲しいですが、桜梅桃李さんで購入可能ですか?そちらで購入した仏壇でもなく申し訳ありませんが、何とかしたいと思いお忙しいとは思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

お問い合わせありがとうございます。
以下が商品ページになりますので、内容をご確認くださいませ。

ノアブライトを交換するようにLEDを交換できます。
LEDの取り付け金具をネジ止めする作業が必要になります。

>>仏壇用のLED商品ページはこちらから、取り付け方法も動画であります<<


ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

創価仏壇修理、かなり古い仏壇の自動開閉器作動確認しています。

11145.jpg

桜梅桃李.comの修理:
仏壇の現状をお伝えください。何がどう悪いのか?どのように修理したいのか?修理のページに従いメール頂きたいのです。またその部分の写真、仏壇の全景なども必要になります。画像があれば経験からの判断ができます。創価仏壇に関します問題解決の手助けになればと思い、無料で数多くの修理情報をお届けしています。なお、お問い合わせいただきました修理内容については匿名にて随時ブログや動画で全国の創価同志の修理のお悩み解決のために使わせていただきますのでご了承くださいませ。

創価仏壇のスイッチボックスを紛失しました。仏壇の差し込みの形状

10760.jpg

はじめまして、昭和62年か63年に両親が購入した仏壇の
内扉のスイッチボックスを引越しで紛失しました。

他の方に中古のスイッチを販売されていたようなので、
もし可能であれば・・・と思ってのお伺いです。

また、とても大きな仏壇なので、
もし母が気に入れば、新しい仏壇への交換も検討中です。

********************************

自動開閉のスイッチは各社多数あります。
なくされた場合の手掛かりは、プラグの形状になります。

参考に写真を添付しましたので、同じように仏壇横の差込口
の形状、ピンの数などわかるようなお写真を送ってください
お待ちしております。

青森県の方より電話がありました。お母様が30年ぐらい前に買った仏壇の調子悪い!治せますか?

002.JPG

お電話の内容だと、スイッチボックスの裏側にこの数字が記載されていた。こんな形の穴が開いているとの事でした。症状は開くけど閉まらないでした。対策1、スイッチボックスの交換(原因がスイッチ故障)2、交換して動かなければ自動開閉機残すようになるので、こちらを修理又は新しいものに交換する事になります。創価仏壇の修理については故障の状態とお写真でその部分をメールで送って頂けっすとスムーズに故障の原因と対策を無料で診断しお知らせできます。

お気軽にお申し込みくださいませ。メール・LINE@もございます。

005.JPG

 

電源プラグの断線は自分でも直せますか?とお電話いただきました。

電源プラグの破損

お電話での内容は当初「仏壇側の接続の線が切れているようでビニールテープでごまかしていたけど、きちんと直そう思っている」との事でした。話だけでは分からないので写真を送ってくださいとお話しするとこちらの写真が贈られてきました。これは屋内配線用の電源プラグです。

この場合は、大型家電店やホームセンターに行きますと売っています。矢印のところで電源コードを切り取り、二本にコードを分けて、皮膜をハサミで剥ぎ取り、中の電線を指でネジって束にしてから、購入した電源プラグをプラスドライバーで分解し、巻き付けて狩猟になります。ご自身でもできますのでやってみてください。

index.jpg

 

中古仏壇のメンテナンス:スイッチの故障はどうするの?

9503.jpg

創価仏壇の自動開閉はお手元のスイッチのオン、オフで始まります。まだまだ新しいと思われるスイッチなのですが、接触不良で開閉がままなりません。

こんな場合は、電流テスターで端子をチェックします。向かって右側の開閉スイッチが壊れていました。

早速部品を探し、ハンダで配線を溶かして配線を外し、テスターで確認するもやはりスイッチが壊れていました。

 

9500.jpg

自動開閉機とスイッチボックスの会社が同一なので問い合わせてみますと、「このスイッチは現在使用していない」との事でした。

「サイズが違うものを現在使用している」のだそうだが、スイッチボックスを削ってまで交換する事は無いと判断しました。

9501.jpg

 

9502.jpg

右上の多い目なスイッチが新しいスイッチになりますが、ご覧のようにサイズが幅、奥行きともに違いすぎます。

よく考えればわかるのですが、開閉スイッチを交換後にオン、オフスイッチも交換時期だとしたら・・・中古仏壇を購入されたお客様が困ることになります。この場合は新しくスイッチボックス自体を交換した方がサービスが良いと思います。

 

 

9506.jpg

こちらが新品の新型スイッチボックスになります。

メンテナンスとは、部品を交換、調整だけではなく、全体のバランスが平常通りの状態が続き安定して商品が使用できることであると思います。

スイッチが二つあり、一つが故障しているなら両方を交換又は新しくする方がより安定して商品を開発利用できる可能性が高くなります。

当店では新たに購入いただけました中古仏壇はこれから10年間は使用いただけるよう考えております。

但し、中古仏壇である事には変わりがありませんので、当店でのメンテナンスは10年を保証するものではありません。

中古仏壇の現時点での最善を考えメンテナンスを行っているとお考えいただければ幸いです。

なお、Bランクの中古仏壇は、現状引き渡し、多少のクリーニング等は行いますが価格第一の商品となっていますので、ノークレーム、ノーリターンでの条件付きでの販売になっています。

自動開閉機は機械ですので、特に中古の機械自体は何年持つという概念はありませんので改めて認識していただきたく存じます。

 

トップに戻る