創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>仏壇の修理>創価仏壇の厨子板が経年劣化、お線香・ローソクのヤニなどでご本尊様の後ろの板が汚れている?交換できるの??
仏壇の修理

創価仏壇の厨子板が経年劣化、お線香・ローソクのヤニなどでご本尊様の後ろの板が汚れている?交換できるの??

仏壇の厨子内金板交換.jpg

長年使用している仏壇、一番大切なのはご本尊様をご安置している場所である厨子です。ご本尊様を清潔で安心できる場所にご安置して日々勤行・唱題をしているのですが、何十年も使用しているとどうしても厨子板(最近は板に金色塗装をしています)が変色する場合があります。昔は板に金色の紙が貼ってあったりもしていました。お線香やローソク、また製造時の金紙をℋりつける糊の感想不足などで表面が変色する事もありました。

どうにもならないわけではありません!

 

 

創価仏壇の後ろ側の板を外したところ

仏壇の後ろの板を外すとだいたい写真のようになっています。(すでに厨子板も外しています)

①背中の板を外す

②厨子板を外す

③厨子の板の高さと幅を測る

サイズを教えて頂けますと、金色の塗装した厨子板をご用意できます。

また、金箔の板もご用意できます。

取り付けは自己責任になりますが、ゆっくり慎重にして頂ければ、大丈夫です。

背板がホッチキスみたいなもの(タッカーとも言いますが)でついている場合は、難しいです。

 

 

 

 

創価仏壇の厨子金板交換

このお写真のように、きれいな艶のある金板に交換できました。

桜梅桃李.comでは全国の創価学会員の皆様に、「創価仏壇に関する問題解決の手助けを善意で行っています」情報提供をおこなっており、出張修理は行ていません。

ご了承くださいませ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.oubaitori.com/mt/mt-tb.cgi/2703

トップに戻る