創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>仏壇の修理>スイッチのトラブル多くなっていますね!:まずは写真を送ってください
仏壇の修理

スイッチのトラブル多くなっていますね!:まずは写真を送ってください

image2-1.jpgのサムネイル画像

神戸市のお客様より、平成9年購入の創価家具調仏壇のスイッチが壊れたとの電話が入りました。左側のオレンジのスイッチが取れてしまった。

このお写真は、壊れたオレンジの部分をとりつけて撮影したそうです。オレンジのスイッチは電源部分になり、ここが破損している場合は、この部分を交換する必要があります。

 

image3.jpgのサムネイル画像

こちらがスイッチの後方からの写真で、ヒューズが入っているつまみがあります。電気がつかない場合は、こちらのつまみを回して、中のヒューズが切れていないか?確認してください、ガラス管が曇っていたりしたら切れていますので大型家電店に、壊れたヒューズを持参して 購入してください。

 

image4.jpg

スイッチを交換する場合は、スイッチの家庭コンセント用の電源コードと仏壇に行っているコードを抜く必要があります。どちらも手で取れますので、今回の場合は仏壇の裏面の下部分がネジでついている場合はドライバーでネジを外しますと、コードの抜き方がわかります。

スイッチとコード自体を、当店に送って頂き修理してお戻しいたします。宅急便での往復、またはメーカー経由と作業代金となります。5,000円から10,000円の間になると思います。

 

20181115103551.pngのサムネイル画像

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.oubaitori.com/mt/mt-tb.cgi/3177

トップに戻る