創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>情熱店長ブログ>情熱店長:第128回南三和支部・先駆の日 2019年4月28日開催しました。
情熱店長ブログ

情熱店長:第128回南三和支部・先駆の日 2019年4月28日開催しました。

P4281262-1.jpg

第128回南三和支部・先駆の日 2019年4月28日:4月大白蓮華・太陽の仏法(文責:島幸弘)

長年、正しき信仰を貫き、目の前の一人の幸福を祈り行動した尊き姿が、そのまま後輩へ勇気と確信を伝え、一家(いっか)眷属(けんぞく)福徳(ふくとく)を残し末代までも希望を与えて行きます。

「宿命」を「使命」に変え、幾多の障魔(しょうま)の嵐を突き抜けて広布に邁進(まいしん)してきた賢者の人生(じんせい)()こそ「未来までの物語」として永遠に輝くことは絶対に間違いありません。

1、「阿仏房御書」1304ページ10行目から13行目御書・通解拝読

・多宝如来の宝塔に供養されたのではなく、あなた自身に供養したのです。自分の生命が本覚(ほんがく)如来(みょらい)であると信じて南無妙法蓮華経と唱えて行きなさい。

・「聞・信・戒・定・進・捨・漸」とは妙法を聞き、妙法を信じ、妙法の戒を(たも)ち、妙法を根本に心を定め、信心を第一としてわがままを捨て、反省すべきは反省し、たゆまず前進する。

・加齢とともに体も老化し、病魔と闘っている方、配偶者を亡くしたり、一人暮らしをしている方が多いのが現実、(しょう)(ろう)病死(びょうし)はだれも避けられません、しかし妙法に縁し、広布に戦った

 学会員の「心の財」だけは断じて壊れません。「蔵の財」「身の財」は今世限りの徳です。「心の財」は三世にわたり、わが金剛(こんごう)不壊(ふえ)の生命を生々世々(しょうじょうよよ)荘厳(そうごん)するのです。

 ですから、妙法を(たも)った人は、絶対守られていく。一族や一家の転重軽受(てんじゅうきょうじゅ)宿命(しゅくめい)転換(てんかん)も担い、変毒(へんどく)()(やく)して、子孫(しそん)末代(まつだい)まで福徳(ふくとく)を築き残しているのです。人生の総仕上げは「心の財」を積む事

 それ自体が揺るがぬ福運の証であり、真の絶対的(ぜったいてき)幸福(こうふく)境涯(きょうがい)の確立なのです。

2、「新池御書」(1440ページ5行目から7行目)御書・通解拝読

・始めから終わりまでいよいよ信心をすべきである。例えば鎌倉から京都へは12日かかる、それを11日歩いてあきらめては、どうして京都の月を見ることが出来るものか?なんとしても信心の歩みは最後まで続けるべきである。

※今までに何十年と信心をしていたとしても、最後まで貫かなければ過去の事になってしまう。この信心は現当(げんとう)二世(にせ)、現在と未来に進行していく信心です「いよいよ!」「さあ、これからだ!」との心意気で生き抜いていきましょう!

※「生涯求道」「生涯挑戦」「生涯闘争」:「今日の一日」を闘い抜く(毎日を自分の思い通りの人生にしていくため、自分のため、そして広布のために大切な一日にしていこう)

128回先駆:ワークシート内容 添付

決めて・祈って・動く=この信心は行動を変え未来を変えていく前向きな生き方

1、            気持ちだけで人生は変わらない=思い通りの人生にはならない

2、            自分が成長(思い通り)したいと思ったら、学び実践しよう

3、            実行・行動なければ、変化も成長もはない!

4、            自分の未来を変えたければ、勇気ある一歩を踏み出せ!

5、            成長したいなら、今を満足しないでどん欲になる事だ

6、            結果が出なければ、やり方を変えるべきだ!

7、            人生には限りがある。時間を大切にしない人は人生を無駄にしている事になる。

*令和元年51日からどんな人生にしたいか?

考え決めてみよう!実行してみよう!

ワーク:自分の決意・行動を記入してみよう!

1、

2、

3、

 


 

62日の129回先駆の日にどうなったか?話し合おう!

以下、配布していますレジュメとワークシートです。
 

  1. 128回先駆.pdf 128回先駆ワークシート.pdf

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.oubaitori.com/mt/mt-tb.cgi/3447

トップに戻る