創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>営業日記>19年前の購入された仏壇の自動開閉機がガタガタ音がする
営業日記

19年前の購入された仏壇の自動開閉機がガタガタ音がする

電子スイッチ新旧交換.jpg

19年前の当店で購入された仏壇の自動開閉機がガタガタ音がするので修理できますか?とのお電話を頂きました。このお仏壇は電子スイッチと言う高級な電子回路を採用した時のものです。現在は故障などの多さから製造がおこなわれていません。その故障を修理することは非常に難しいので最終的な型式の電子スイッチを交換する方法がとられています。

自動開閉機自体も20年の経年劣化の経緯もありますので、こちらも合わせて交換する方法となりました。自動開閉機は多種多様であり配線も製造メーカーで違うものなのです。創価仏壇の製造は販売台数などの関係でロッド(その時の生産数)でスイッチが変わったりすることもあります。個別対応を行って修理関係が行われています。

修理の対応についてお問い合わせがある場合は、購入年、購入店舗名、スイッチ、コードの仏壇接続のプラグの形状、電動機械自体のお写真をメールで送っていただいています。普通はどうなんでしょう?と聞かれてもお写真などの情報から推測していくしかありませんので、よろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.oubaitori.com/mt/mt-tb.cgi/3020

トップに戻る