創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>桜梅桃李.com情熱店長:島幸弘のブログ>〈小説「新・人間革命」〉 誓願 九十三 2018年7月16日(聖教新聞より抜粋)
桜梅桃李.com情熱店長:島幸弘のブログ

〈小説「新・人間革命」〉 誓願 九十三 2018年7月16日(聖教新聞より抜粋)

2018-07-16.pngのサムネイル画像

山本伸一は、皆の幸せを願いつつ訴えた。
 「戸田先生は、『法華を識る者は世法を得可きか』(御書二五四ページ)との御文について、努力もせずに、『ご利益があるんだというような読み方は、断じて間違いである』と断言され、こう続けられている。
 『自分の商売の欠点とか、改善とかに気のつかぬ者は、大いに反省すべきであろう。されば、自分の商売に対して、絶えざる研究と、努力とが必要である。吾人の願いとしては、会員諸君は、一日も早く、自分の事業のなかに、“世法を識る”ことができて、安定した生活をしていただきたいということである』(注)
 戸田先生の願いは、そのまま私の願いでもあります。今、世界的に不況の風は厳しい。しかし、私たちは、それを嘆くだけであってはならない。『信心』によって、偉大な智慧と生命力を発揮して、見事に苦境を乗り切ってこそ、『世法を識る者』といえます。
 “信心をしていればなんとかなる”という安易な考え方は誤りです。信心しているからこそ、当面する課題をどう解決していこうかと、真剣に祈り、努力する――その『真剣』『挑戦』の一念から最高の智慧が生まれる。一切の勝利のカギは、この『信心即智慧』の偉大な力を発揮できるかどうかにある」
  
 戸田城聖の生誕記念日である二月十一日――伸一が、戸田の広宣流布への歩みを綴った小説『人間革命』全十二巻の、「聖教新聞」紙上での連載が完結した。
 一九六四年(昭和三十九年)十二月二日に沖縄の地で起稿し、翌六五年(同四十年)の元日付から「聖教新聞」に連載を開始。途中、海外訪問が続いたり、体調を崩したりしたことなどから、長い休載期間もあったが、前年の九二年(平成四年)十一月二十四日に脱稿し、この二月十一日付で、千五百九回にわたる連載を終えたのである。文末に伸一は、「わが恩師 戸田城聖先生に捧ぐ」と記した。
 この書は、弟子・山本伸一の、広布誓願であり、師への報恩の書でもあった。

 小説『新・人間革命』の引用文献 注 「天晴れぬれば地明かなり法華を識る者は世法を得可きか」(『戸田城聖全集1』所収)聖教新聞社

<今日の決意>自分自身の生命状態が常に南無妙法蓮華経の大宇宙のリズムと合致しようとしているのか?人は調子の良い時はだれでもうまく行くが、いったんリズムを崩れてしまうと自分の生命の軸がブレてあらゆる変化のブレまくる生命状態になってしまうものだ。だから苦楽共に思い合せて「南無妙法蓮華経」なのだ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.oubaitori.com/mt/mt-tb.cgi/3010

トップに戻る