創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>2018年7月

2018年7月

第119回南三和支部・先駆の日 2018年7月29日 7月大白蓮華・太陽の仏法の学習

P7291062.jpg

第119回南三和支部・先駆の日 2018年7月29日 7月大白蓮華太陽の仏法の学習(文責:島 幸弘)

人類の未来を築く - 次代担う人材育む聖業

  • リーダーの最大の焦点は「人材育成」学会は、常に青年を励まし。青年を尊重してきました。人材を育てることが、仏意仏勅の学会を永遠ならしめ、広宣流布の流れを、より盤石なものにする。

(自分が青年の心意気を持っているのか?わが子は?わが組織の青年は?ととらえていくのが信心)

 

  • 「諸法実相抄」釈迦仏・多宝仏~ご談合なり虚空会の儀式は令法久住のため

*虚空会の儀式は、大聖人が顕されたご本尊様のすがたそのものです。

 大聖人は末法の人々に仏と同じ境涯になっていただこうと、

「日蓮がたましひをすみにそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ」のご本尊を認めました。

 

私たちが朝に晩に勤行・題目をあげている事自体が虚空会の儀式に参加していることになるのです。

「釈迦・多宝の二仏がわれら衆生を仏にしようと協議している」その場に私たちが参加している意義が

あるのです。

(自分自身が朝晩の勤行の意義を虚空会の儀式に参加しているとイメージできるか?)

 

*令法久住(りょうほうくじゅう)とは未来にわたって妙法を伝えること、末法広宣流布の意味

 

広宣流布とは「自分自身の生命に南無妙法蓮華経を通わし、自分自身が信心即生活の功徳を感じ

煩悩即菩提の確信をさらに眷属に伝え広めていく大切な使命がある」という事である。

 

  • 妙法流布の主体者とは、大聖人に連なり、自ら決意して「後継者としての自覚」に立つことが第一の要件

(私たちは誰から信心を教えて頂いたのか?:親・友人=創価学会の人ではないのか?)

 

  • 人と人との触発の中で成長

創価学会の中で、創価学会の人から・・学会自体が善智識であり、お互い良い刺激を受けて成長する

 

  • 「上野殿ご返事」しばらくの苦こそ~おぼしめし候へ

信心とは不屈の勇気です。断固として諦めないという強き信念です。

創価学会の信心は決してあきらめない負けじ魂そのものです。

折伏するとその人の信心がわかります。(その人とは自分の信心です)また相手の生命状態がわかります

南無妙法蓮華経は究極の負けじ魂であり、自分自身を最も信じ、自分自身が最強の仏の境涯になる

仏の境涯を拓くことができる信心です。この経験・体験をすることが自分と相手の方のためになる

結果、広宣流布の流れとなるので折伏は非常に重要なのです。

(あなたは自分自身を折伏できますか?)

 

  • 恩師「信仰に必要なものは確信」

題目をあげながら自分自身の生活(仕事・家庭・社会)など自分自身を含めて縁するすべての人々が幸福になっていく信心が大切であり、その信心の実証が自分自身の信心の体験となって現れます

(あなたの最近の信仰体験はありますか?)

 

7、信心しきった人が最後には必ず勝つ:大聖人の御書・池田先生の指導は絶対です!

こんばんは、仏壇・仏具が無事到着しました!温かいメッセージも本当にうれしく思いました。

創価家具調仏壇・ラックス・ライト

この度は、仏壇の買い替えに際しまして、島さんと電話でお話をしながら、お仏壇の確認、仏具の確認を丁寧にしていただきました。先ほど仏壇・仏具が無事到着しました!温かいメッセージも本当にうれしく思いました。良くしていただき本当にありがたく感じております。部屋の家具にマッチして本当に気に入りました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

無事の到着のご連絡頂き大変にありがとうございました。室内の家具ともマッチされたと喜んでいただき本当に良かったと思いました。仏壇の購入は人生のターニングポイントになります。福徳豊かな素晴らしい人生へのスタート誠におめでとうございました!

先日の創価学会の経机の塗装例の完了の画像になります

経机塗装例.jpg

初めは天板の正面部分の塗装だけを考えていましたが、当然の事なのですが、塗装完了面がきれいになっていまいますので、その下の段がきれいでなくなってしまうのです。手間はかかりますが正面全体がきれいになるのなら~との事でひと手間3手間かけて塗装しました。これで完成形となりました。

19年前の購入された仏壇の自動開閉機がガタガタ音がする

電子スイッチ新旧交換.jpg

19年前の当店で購入された仏壇の自動開閉機がガタガタ音がするので修理できますか?とのお電話を頂きました。このお仏壇は電子スイッチと言う高級な電子回路を採用した時のものです。現在は故障などの多さから製造がおこなわれていません。その故障を修理することは非常に難しいので最終的な型式の電子スイッチを交換する方法がとられています。

自動開閉機自体も20年の経年劣化の経緯もありますので、こちらも合わせて交換する方法となりました。自動開閉機は多種多様であり配線も製造メーカーで違うものなのです。創価仏壇の製造は販売台数などの関係でロッド(その時の生産数)でスイッチが変わったりすることもあります。個別対応を行って修理関係が行われています。

修理の対応についてお問い合わせがある場合は、購入年、購入店舗名、スイッチ、コードの仏壇接続のプラグの形状、電動機械自体のお写真をメールで送っていただいています。普通はどうなんでしょう?と聞かれてもお写真などの情報から推測していくしかありませんので、よろしくお願いいたします。

桜梅桃李.comでは簡易塗装を行っています。

塗装の流れ.jpg

桜梅桃李.comでは中古仏壇の販売も行っています。簡易塗装も自前で行っていますので、今回はその作業の内容をお伝えします。この作業はまねて頂ければできない内容ではありませんので、お使いの経机やリン台や花台が日焼けして白くなってきた時にご自分で修理できる内容だと思っていただければ幸いです。

但し、多少の勇気も必要です。何か行う時、特に初めての時には勇気を出して望んでいただければと思います。

今回は経机の天板の正面の部分です。天板自体は面積が広いので素人が行うときれいに塗装できる確率は下がりますのでススメしていません。あくまで小さい範囲のものとお考えください。また塗装するスプレーはネットで検索すると個人でも手に入ります(ホシュール・ライトブラック:今回は黒檀の素材のためこの色が適切です)

①塗装個所をきれいに掃除する(できればシンナーなどで油分を取り除くことをお勧めします)

②マスキングテープで塗装周辺をテーピングする
③新聞紙をマスキングテープに沿って張り付ける

④ホシュールで左から右へ平均的にスプレーする:今回は3段階ぐらいにした方向にスプレーしました
⑤乾かす
⑥④を繰り返す3回目塗を考えています。今回は最後に2分消しのホシュールで天板と色合わせし、乾かして終了となります。

塗装は気温や湿度、スプレーの残量などで微妙に変わります。特に一気にスプレーしますと塗料が垂れ落ちてしまいますのできおつけてください。

以上が簡易塗装の流れと注意点です。新たなチャレンジにはちょっとした勇気(やってみようという心意気)とリスクをとる覚悟(失敗しても良い!)ぐらいの気持ちで行ってみたいですね。「信心とは勇気の異名である」との師の言葉にもあるのですから。ありがとうございました。

創価学会仏壇厨子型中古仏壇B735 発売いたします。

735-3.jpg

こちらの仏壇は、B級仏壇のため、格安にて販売いたします。

経机付き・花台付きで、貫禄のあるお仏壇となっております。拠点・会場にも最適です。

仏壇全体:高さ約172.5cm×幅約79cm×奥行約70.5cm 

お厨子内寸 約68cm×約38.5cm

大戸二つ折り時の幅:約96cm

大扉全開時の幅: 約125cm

経机:高さ約33.5cm×幅約64cm×奥行約30.5cm

花台から花台までの幅:約135cm

仏壇本体から経机までの奥行:約105cm

ぜひご検討くださいませ。

→商品ページはこちらをクリック←

 

製造より11年の中古家具調仏壇アカンサス、入荷いたしました!

734-2(1).jpg

製造より11年のアカンサス、中古家具調仏壇として入荷いたしました。

傷多数ございますが、まだまだご使用いただける商品であると思います。

現在新品で仏具付518000円で販売しているアカンサスですが

世界の銘木カーリーメープルで丹精込めて作成されました。

ツートンで素材感を大切にされたいお客様にぴったりの中古家具調仏壇となっております。

ぜひ商品ページをご覧くださいませ。

→商品ページはこちらをクリック←

 

創価仏壇はそのメーカー、製造時期で自動開閉機やスイッチが違います

5332.jpg

上記写真は経机の引き出しに組み込んだ「電子スイッチ」通称です。この時代の仏壇(約20年前後)高級仏壇ではこのような電子スイッチが搭載された時期がありました。配線など複雑であったため故障の比率も多くなり改善もされましたが現在は使用されていません。今回19年前に当店で購入されたお客様より「開閉時にガクガクト振動し止まらない」との事で修理依頼を受けました。通常は機械のリミットスイッチの調整を行えば動作している場合は問題なく解決していましたので、気軽に訪問したのですが、機械自体の故障ではないかと判断されましたので、機械を持ち帰り代わりのものを再度設置しに行きました。ところが今度は開閉が表示と逆になり、電子スイッチ自体の配線が違うと最終的に理解できました(メーカーと情報共有した結果)

という事で搭載されていた機械と電子スイッチを再度メーカーに送り、改善されたスイッチボックスと機械に変更することになったわけです。費用も大幅に上がり、訪問も最終的に3回となるため当方の時間的な負担も大きくなってしまいました。できるだけ実費負担だけをお願いしているつもりですが、現実は当店の持ち出しとなってしまうのが現状でもあります。それほど多い案件ではないので問題はありませんが、通常のお客様からのメールや電話の無料相談も含めて実際に費用は生じているのが現状です。

これから一番大事なのは時間の使い方です。仕事においても、個人の人生においても無駄な時間はありません。お互いがお互いを尊重していくために、自分自身がよく考えて段取り良く行動できるように正確な情報も必要になっています。この仕事に使命と責任を感じて日々営業させていただいておりますが、費用対効果 時間対価値 も含めて今後再検討しながら 全国の創価同志に貢献できるように日々完全していけるように努力精進してまいります。

埼玉県のお客様よりスイッチの故障の件で電話がありました。

IMG_20180720_104952.jpg

桜梅桃李.com

お世話になります。
先程はお電話で失礼いたしました。 開閉のスイッチがダメになったようです。交換したいのですが?
在庫がありましたら、中古と新品のスイッチの価格を教えてください。
また、会社が埼玉県の蓮田市にあります。
そちらに部品の用意ができましたら、取りにお伺いしても構わないと考えております。
よろしくお願いいたします。

お電話並びにスイッチの画像とプラグの形状のお写真を頂き阿知賀等ございました。整備済みのスイッチがありますのでご提供できます。

吉田Y-0003型 新品と中古.jpg

 


 

創価仏壇の自動開閉機はたくさんの種類があります。修理も依頼されます。

5117.jpg

創価仏壇の自動開閉機の開発は昭和45年ごろからになり昭和47年の正本堂建立を境に急速に家庭用仏壇にも搭載され創価仏壇は爆発的に売れた時期がありました。

こちらの電動機は約19年前に当店より購入されてお客様よりお預かりしたものです。お電話で「自動開閉がおかしくなっています。明け切った最後、閉まったときの両方でガタガタ音がしています」「わかりましたお伺いします!」との事で茨城県下妻市に行ってきました。仏間に入り、お仏壇を前に題目を三唱して、自動開閉機のスイッチを入れる。蛍光灯が点灯して厨子扉が開いていきます。そして最後の開ききったところでガタガタ音がしています。何度か開け閉めして確認しますが同じです。今度は閉めていきます、閉まり切ったその時にガタガタします。何度か繰り返しますがガタガタしています。

通常の診断では上記写真のレールに見えるマイクロスイッチの上にあるビスをプラスドライバーで緩めてマイクロスイッチを査収に動かかして厨子扉の開閉を調整していきます。これはドライバーが使える方ならどなたでもできます。

脚立に乗り、仏壇の屋根を見下ろしますと四隅にビスで板が止まっています。こちらを⊕ドライバーで外して中を見ますと、上記写真のような自動開閉機が間に入ります。通常の工程でビスを緩めて開閉状況を確認します。今回はマイクロスイッチを左右動かしても状況は同じまま、つまりマイクロスイッチが動作していないことになりました。購入から19年たつものです。修理又は機械自体を新品に交換するという事になり仏壇より外して持ち帰ることにありました。メーカーに写真と内容を送ると基本的には新品交換することがお客様にとって一番安心となると思いますとのコメント。この状況の場合は当店でも新品交換をお客様に提案いたします。保証期間は1年となります。

トップに戻る