創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>私の信行学>第111回 南三和支部 先駆の日  2017年11月26日
私の信行学

第111回 南三和支部 先駆の日  2017年11月26日

無題.png

2017年11月26日 南三和支部 先駆の日 第111回 大白蓮華11月号 34ページ講義・(文責 島 幸弘)

人間革命の宗教⑪師弟共戦―不二の闘争に生命が躍動

※創価学会の根本使命は、どこまでも日蓮大聖人の御遺命である広宣流布の遂行にある。

「毎自作是念」とはただひたすらに民衆の幸福を願い。「万人成仏」のために、この娑婆世界でたゆまず戦い続ける事であり「誓願」と一体です。

 

※日蓮仏法とは「師弟不二の宗教」であり「師弟共戦も宗教」である。

 
 

師子吼とは仏の説なり説法とは法華別しては南無妙法蓮華経なり、師とは師匠授くるところの妙法 子とは弟子受くるところの妙法・吼とは師弟共に唱うるところの音声なり、作とはおこすと読むなり、末法にして南無妙法蓮華経を(おこ)すなり。(748ページ10行目)

※師弟共に「万人成仏の法」南無妙法蓮華経を広めていこう 

よき弟子を持つときんば師弟・仏果にいたり、あしき弟子をたくはひぬれば師弟・地獄にをつといへり、師弟相違せばなに事も成すべからず委しくは又又申すべく候、常にかたりあわせて出離生死して同心に霊山浄土にてうなつき語り給へ

(華果成就御書:900ページ8行目)

 

※よき弟子として生き抜き、師匠をも成仏させる弟子たれ!

※師弟不二・異体同心こそが、仏法を実践する最重要の原理である。

 
 

我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば自然に仏界にいたるべし、天の加護なき事を疑はざれ現世の安穏ならざる事をかげかざれ、我が弟子に朝夕教えしかども・疑いを・をこして皆すてけんつたなき者のならひは約束せし事を・まことの時はわすするるなるべし (234ページ7行目)

 

※この開目抄の御書は 心肝に染めて行こう!

※信心さへ破られなければ、乗り越へられない難など断じてない!

創価の師弟は法の下に平等であり同志である。師匠も弟子も共に法を探求し、共に法を会得する

共戦の友です。

その上で正しく法を行じて模範となる師匠から仏法を学ぶ事で、自己の有限性を越えて、自身の境涯を大きく開くことができます。

私たち南三和先駆の会では、大聖人の御書を池田先生の「指導」から共に学び、日々の生活に活用し多くの体験に基ずく所願満足の人生を目指しています。世界広布新時代・栄光の年、一人一人が栄光の年になるように折伏・弘教の一年にしてまいりましょう!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.oubaitori.com/mt/mt-tb.cgi/2673

トップに戻る