創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>私の信行学>8月27日日曜日、第108回南三和支部「先駆の日」開催しました!
私の信行学

8月27日日曜日、第108回南三和支部「先駆の日」開催しました!

P8271001.JPG

「先駆の日」は地元支部の壮年・男子の集いです。体験発表と大白蓮華の池田先生の御書講義を中心に毎月行っています。初めに支部長挨拶、VOD「煮込み・自分が変われば環境が変わる}今回の体験発表は聴覚障害と共にこの信心で生き抜いてきた心情を心からの声にして参加者の皆さんの信心の琴線に触れた内容に、静かにゆっくり魂の奥底から個々人の信心を考えさせられた内容でした。私の担当しています御書講義では8月号の御書3辺のポイント部分をわかりやすく7月8月に体験した私の信仰体験を補足しながらお話しさせていただきました。自分の人生に様々起きる出来事、人間関係、仕事、病気などの生老病死をその瞬間瞬間に信心で捉える事が大切だと思う。具体的な体験内容を基にその事実をこの信心でとらえた時に「私が今何を学んだのだろう?」そして「どのようにとらえて、未来の糧にして行こう!」と新たな決意、そしてその決意に伴う行動に繋げていく。そのすべてが自身の人間革命に繋がっり、衆生所遊楽、所願満足の人生をこの信心で構築していけます!私の生きざまで信心の実証を示していきます!と結びました。最後に池田先生のご指導のVODを視聴し、記念撮影し終了しました。前月から2020年に向けて「自分自身の決意を手紙にして支部拠点のポストに投函、3年後読み返す」と言う、未来の自分に手紙を出そう!とスタートしています。
3年後も非常に楽しみな「先駆の日」です。皆様も地元で発案し行動してみたらいかがでしょうか?壮年男子で協議しながら「先駆の日」を運営しています。男子部も人材が出てきています!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.oubaitori.com/mt/mt-tb.cgi/2607

トップに戻る