創価学会仏壇の桜梅桃李.com>店長のブログ>仏壇の修理>創価仏壇のリモコン:福島県のお客様から仏壇の扉のしまりが悪くなった
仏壇の修理

創価仏壇のリモコン:福島県のお客様から仏壇の扉のしまりが悪くなった

リモコン4種.jpg

創価仏壇では自動開閉機がリモコンで開閉する仏壇があります。
福島県のお客様から仏壇の扉のしまりが悪くなったので何とかして欲しいとのお問い合わせがりました。

リモコンスイッチは大きく2種類に分かれています。一つは金剛堂さんタイプ、もう一つが関東精機さんタイプです。

リモコンの自動開閉機の仕組みは、3点、リモコン送信機、リモコン受信センサー、リモコン受信機になります。

故障の原因の優先順位はだいたいが
①リモコン送信機の電池
②リモコン送信機のスイッチの不具合
③リモコン受信センサー
④リモコン受信機の不具合
この順番になります

お問い合わせには、
①リモコン送信機の電池交換
②仏壇のそばでリモコンのスイッチを押すとカチと音がするか?
③購入店名
④いつ頃購入したか
⑤開閉状況、になります。

メールでのお問い合わせの時はリモコンスイッチの写真があると
話がスムーズです。

そのほかでも仏壇の開閉の不具合があれば、ご連絡してみてください
解決の手助けができる場合が多くあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.oubaitori.com/mt/mt-tb.cgi/2580

トップに戻る